双極性障害の症状と基礎知識 トップページ

双極性障害は以前は躁うつ病といわれていた気分障害の一つです。現在では躁うつ病ではなく、双極性障害で世界的に統一されています。

双極性障害は、最近では、実はかなりの割合である症状だといわれています。

今まで、うつ病には焦点が当てられていましたが、双極性障害についても今後は焦点を当てられることになるかもしれません。

双極性障害の症状の基本的な部分は、気分が高揚して、非常に活気がある状態の躁病相と、気分が落ち込んで、何もやる気になれないうつ病相を繰り返すのが双極性障害の症状です。

うつ病で治療を施しても、なかなか治らない人がいます。そういった方はもしかたら双極性障害のうつ病相が強いだけなのかもしれません。

双極性障害の症状は、気分が大きく変動しますから、治療はこの変動をなるべく安定させることを目的に行ないます。

特に双極性障害の躁病相の時は注意が必要で、人間関係や、金銭、などに影響を与える可能性があります。

ですから、双極性障害の症状がある場合は、早い段階で治療を展開する必要があります。

また、双極性障害といっても、様々なタイプがあり、症状もうつ病相が強いタイプ、躁病相が強くうつ病相があまりないタイプなど様々な症状のタイプがあります。中にはほとんどがうつ症状で、躁状態は軽躁状態でほとんど目立たない場合があり、これを双極性2型と呼んで分類するようにもなりました。

この双極性2型である場合は、最初は双極性障害ではなく、うつ病と診断されることが多いといわれています。しかし、長年受診をしていく中で、実は目立たないけど軽躁状態になることがあり、この軽躁状態にうつ状態が治ったと一見すると見えていただけなんて言うこともあるようです。

 

 

 

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする